読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BitbucketのprivateリポジトリをwerckerでさくらのVPSにデプロイ

web

サイトをいままでWinSCPでぽちぽち更新していたのですが、やっぱりgitにpushしたら更新されると良いですよね
なんか今風のWebサービスがあったのでhttp://wercker.com/を設定してみた

  • 今のところは無料みたい
  • Boxって環境を切り替えて、ビルドやテストもできるみたい
  • Androidアプリもビルドできる??
  • 設定を共有できる??
  • dockerがつかえる??


画面


今回の流れ
git push -> Bitbucket - git -> wercker - capistrano -> さくらのVPS(反映と再起動)


werckerの設定

boxはruby
buildでテストとか実行するらしいが今回は無しで
SSHの接続のためのkeyを作っています

box: wercker/ruby
services:
  - wercker/mysql
build:
  steps:
    - bundle-install
    - bundle-package
deploy:
  steps:
    - script:
        name: make .ssh directory
        code: mkdir -p "$HOME/.ssh"
    - create-file:
        name: write ssh key
        filename: $HOME/.ssh/id_rsa
        overwrite: true
        hide-from-log: true
        content: $WERCKER_CAP_PRIVATE_KEY_PRIVATE
    - script:
        name: set permissions for ssh key
        code: chmod 0400 $HOME/.ssh/id_rsa
    - bundle-install
    - cap

Key managementが変わったようでwebからkeyを作ることができるようになって、private keyが見れない感じに

Capistrano

Capistranoを一度も使ってなくて調べながらなんとかSSHで接続してファイルが反映されるところまではできた。
Capistrano2と3が違いすぎて辛い
rubyのサーバを再起動したいのだけど調べ中